探偵ResearchNavi 探偵の歴史と変化

探偵の歴史と調査の変化

まず探偵のことをもっと知るためには、探偵の歴史についてと当時の役割について知る必要があるでしょう。 探偵が生まれたのは19世紀の中ごろのヨーロッパ、花の都と呼ばれるパリで一番初めの警察組織を創りだした自分物が個人で調査活動を始めたのが切欠だったといわれています。
そして日本でもヨーロッパから遅れること数十年、19世紀の後半には探偵社なる物が新聞広告として名前が登場するようになり、当時の彼らは犯罪者である詐欺師や盗人の所在を調べる組織でした。

ちなみにではあるが、イギリスを代表する架空の名探偵シャーロックホームズが書かれたのもこの19世紀後半であることから、発祥の地であるパリ、ロンドン、そして日本と当時の情報網を考えれば驚くべき速さで拡がったのではないかと思われる。

近年ではこの探偵の調査も変化しており、特に個人情報の保護に関して規制がされたこと、そしてネット環境上での情報の開示に慎重になるといったことから探偵の調査は困難なものになってきたといえる。
しかし、ここでも新しい動きが探偵業界で出来上がった。それは情報セキュリティに関してのマネージメントをおこなう探偵が登場したのだ。
これまで情報を集めていた専門家がセキュリティについて話をする。情報という重要な財産の価値を知っている探偵だからこそ出来る仕事内容なのではないかとおもわれる。